TITLE 『溜まり場vol.21〜新体制初出陣スペシャル‼︎〜』『ガチガチん固めたいけん俺んターンたいッ☆TOUR』〜そりゃママにも無理よ 2017〜
DATE 2017.09.10[Sun]
VENUE CLUB SONIC水戸
TIME 開場 / 17:30
開演 / 18:00
TICKET 前売¥2,000
当日¥2,500


上記QRコードより
携帯サイトをご覧になれます。
BxAxG
BxAxG HISTORY

PROFILE

高校時代それぞれバンドをしていたもの同士が中心となり、NAOI(Vo)の掛け声で集結したメンバーで結成。
メンバー全員が茨城県出身で現在も茨城に在住。地元を活動拠点とし、積極的にLIVEをこなす一方企画ライブでは毎回約300人以上を動員する。茨城県ではご当地バンドとして確立しつつある。
2010年8月、「ROCK IN JAPAN FES.2010」に「RO69優勝バンド」として出場し、翌年のROCK IN JAPAN FES.2011にも出演を果たす。
BxAxG(ビーエージー) ※間はアルファベット小文字のxです
 

①J2水戸ホーリーホックの公式応援ソングを担当!

楽曲名【スーパースター】ケーズデンキスタジアムと茨城県の店舗限定でリリース。J2の開幕戦にも参戦し、観客6000人の前でスーパースターを披露した。
 

②大洗町がBxAxGを完全バックアップ!大洗町のイメージソングを担当している!

ボーカルNAOIの地元大洗町がデビューに向けバックアップしている。
大洗町はアニメガールズパンツァーの舞台となり、聖地周りの観光客が殺到し非常にアツい町!
その大洗町が更なる活性化に向けアニメ、ガルパンの次に仕掛けるのがBxAxG!
 

③NHK EテレにてボーカルNAOIのドキュメントが全国オンエア!

NHK水戸局の方がBxAxGに注目!NHK Eテレ『人生デザインU-29』にてNAOIのドキュメントがオンエアされた!その後、特番にも出演。
※人生デザインU-29 毎週水曜19時25分~
また、そのオンエアの反響から『24時間テレビ 愛は地球を救う2015』の47都道府県タスキリレーにNAOIが茨城県代表として選ばれた。
※47都道府県の想いを繋ぐタスキリレー、チャリティーマラソンランナーのDAIGOさんにタスキを届ける企画


上記以外にも様々な団体がBxAxGをバックアップしており、ご当地バンドとして確立しつつある要因はそこにある。
県がオフィシャルで行っているネットテレビ『いばキラTV』では専用の公式チャンネルを持っていたり、新星堂水戸店との繋がりから水戸駅のヴィジョンではBxAxGのCMが流れたりと徐々に広がりができている。
今後も更なる施策を進行中!近日発表!!!
 

BxAxGは何故茨城で愛されているのか。。。


◆キャラクター面

少林寺拳法黒帯やアニメ好きがいたりとメンバーそれぞれが非常に個性が強い。
特にボーカルNAOIは学生時代に野球で選抜強化選手に選ばれる程の実力を持っており、巨人で開幕投手も務めた現横浜DeNAベイスターズの東野投手とは学生時代ライバルだったということもあり茨城では音楽以外の事でも有名だった。(音楽活動と両立していた)
また地元大洗町では毎朝しじみ漁をしており、漁師としての一面も持っている。。。

◆サウンド面

彼らの魅力は心に突き刺さる楽曲とその反面にあるバカっぽさというギャップにある。
曲のタイトルではBaka Fesやバカニバルといった「バカ」とつく楽曲が多く、ライブでは欠かせない盛り上がる楽曲となっている。
披露する際には会場のボルテージが一気に最高潮になり雰囲気を一体化させる。
しかしその反面、繋がりや仲間などの「絆」をテーマにしたメロディアスな楽曲も多数あり、LIVEでは涙するリスナーもいる。
そのメッセージ性の強い楽曲は地元を大切にしている彼らだからこそ生み出せるのかもしれない。
ギャップがあるからこそ両方が際立つ。30分の中で「バカ騒ぎ」と「感動」という両面をリスナーに届けることができるステージはまるで短編映画を観ているかのよう。